スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

観光:京都の寺と名所を巡る旅 祇王寺から大覚寺




そうだ お寺、行こう




ってことで、「富山よいとこ日記」というブログ名でありますが、先日、寺の本場?京都へ行ってまいりましたので「京都よいとこ日記」として、しばらくは更新していきます。よろしゅうに。



今回のターゲットは嵐山周辺の祇王寺&大覚寺。

こちらの2寺はセットとなっており、本来ですと祇王寺300円・大覚寺500円で合計800円の拝観料のところ、2寺共通券を買うと600円になります。ただし、共通券売ってる割には両寺は徒歩で30~40分とけっこうな距離があるため、健脚以外の方は車利用がおすすめです。

※ちなみに祇王寺は入り口前の駐車スペースが無料、大覚寺は500円の駐車場代がかかります。

 


京都の奥嵯峨 祇王寺へGO



まずはミニ苔寺(苔寺は京都の世界遺産ね)とも評される、祇王寺へ殴り込み。じゃなくて静かに観光に行ってまいりました。


嵐山駅周辺のたいへんな喧騒から外れた小路を登ると、

ビリヤード名人戦A級 祇王寺大覚寺観光画像

 


突き当りが祇王寺入り口です。

祇王寺大覚寺観光画像

 


祇王寺は小さな小さな草庵でありまして、パッと目に入る風景がすべてなんですけども、綺麗に手入れされた苔に覆われたつつましい境内とゆうか庭はなかなか風雅なものでした。


祇王寺大覚寺観光画像3
 


つづいては旧嵯峨御所 大本山 大覚寺へGO



大覚寺は当初離宮としてつくられたことから、ともかく広いです。

祇王寺大覚寺観光画像4

 

当日は身体にまとわりつくようなネットリ系の湿気とともにかなり暑くて、歩き回るのが大変でしたが、お寺にしては珍しく何箇所かクーラーが効いたいたお部屋があって涼みながら進むことができました。さすが旧御所だね、サービスが行き届いてますわ。

祇王寺大覚寺観光画像5

 



祇王寺大覚寺観光画像6

 


そして奥の奥まで歩きますと、とんでもなくでかい人工の蓮池に到着。周囲1キロもあるとゆーから、相当なもんですよこれは。

祇王寺大覚寺観光画像7


祇王寺&大覚寺を巡ったあとは近くの寺に寄ったりして、初日の寺観光は終了。

 


暑いなかに寺巡って「あー疲れた」なんて言ってるですが、よくよく考えるとこれほどラクなこともあまりないでしょうな。

「休日らしい過ごし方やわ~」って、いちおう京都には仕事に行ってたのを、すっかり忘れて楽しんでたのでありました。

 
寺めぐり次回へつづく。


では、また。


ショップカード・DM作成ならタニデザイン

http://tani-design.com
タニデザインは初稿デザイン無料 気に入ったときだけご購入
スポンサーサイト

スポンサードリンク

Category: 日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。